NTTドコモが R6Sの国内リーグ「Rainbow Six Japan League」を発足 賞金総額3200万円以上

NTTドコモが R6Sの国内リーグ「Rainbow Six Japan League」を発足 賞金総額3200万円以上

あわせて読みたい

NTTドコモが R6Sの国内リーグ「Rainbow Six Japan League」を発足 賞金総額3200万円以上

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が、国内eスポーツリーグブランド「X-MOMENT(エックスモーメント)」の発足及び、人気FPSゲーム「レインボーシックスシージ」の国内リーグを発表。「PUBG MOBILE」「League of Legends:Wild Rift」に引き続き、2021年3月13日(土)から運営を開始します。

X-MOMENTとは
世界的プレイヤーの輩出につながる取組みとして、高額賞金だけではなく、所属選手の競技生活を充実させるための給与サポートや、選手の魅力を発信していきます。
世界的に人気のゲームはもちろん、5Gによるモバイルゲームの市場拡大も視野に、今後も ゲームタイトルを増やしていきます。
ドコモは、日本におけるeスポーツ市場の拡大に貢献するため、選手やファンに対してより リアルな感動や熱狂を提供し、世界レベルの選手を多数輩出できるeスポーツリーグの運営を めざします。

出場チーム

  • Sengoku Gaming
  • CYCLOPS athlete gaming
  • GUTS Gaming
  • FAV gaming
  • エヴァ:e
  • Crest Gaming Lst
  • REJECT
  • Coming Soon

リーグ概要

リーグ名 Rainbow Six Japan League 2021(略称:RJL 2021)
リーグ運営 主催:NTTドコモ、ユービーアイソフト
リーグ概要 8チームのプロチームにより行う「レインボーシックス シージ」の 国内トップリーグ(1部リーグ)
チーム数 8チーム (1チーム5名以上、8名まで選手登録可能)
試合構成 年間1シーズン制、年間合計:56試合
試合形式:BO3(3セットマッチ。2本先取で勝利)
スケジュール 2021年3月13日~2021年9月18日(予定)
リーグ優勝特典 2021年リーグ優勝チームは、2021年秋に開催される世界大会「APAC North」の昇格戦出場権を獲得
賞金 シーズン賞金総額:3,200万円
選手への給与保証 1チームあたり所属選手最大6名に対して、1名につき年間350万円以上の給与を保証
協賛 株式会社サードウェーブ

※なお、「APAC North 2021」に出場しているチーム、「APAC North 2022」に出場が確定しているチームには「APAC North 2022」の昇格戦出場権は付与されません。これらに該当しないチームのうち最上位のチームに出場権が与えられます。

年間スケジュール

年間スケジュールは以下の通りとなっています。

「Rainbow Six Japan League(以下、RJL)」と並行して、「Rainbow Six Japan Open(以下RJO)」が開催され、RJLから出場全チーム、RJOから上位4チームが「Rainbow Six Japan Chanpionship(以下、RJC)」のシード権を獲得することが可能です。

また、RJL下位3チームは、RJO上位2チーム、RJC優勝チームと昇格戦を11月に開催し、2022年度のRJL出場チームを決定します。

賞金

RJO・RJC・RJL昇格戦 大会概要


※「RJL」非出場チームより上位1チームが「RJL」昇格戦に出場できます。
※上記のリーグ・大会構成は、予定です。新型コロナウィルス感染拡大の状況などにより、変更になる可能性がございます。

公式ページ:https://x-moment.docomo.ne.jp/

続きを見る(外部サイト)

e-sports pressカテゴリの最新記事